コラム

6月はお肌ブスになりやすい。。。

矢頭 拓郎

たくろう鍼灸院 院長

  • Instagram
  • Instagram
  • YouTube

たくろう鍼灸院 院長の矢頭拓郎です。 鍼でスッキリ・お灸でホッコリ・いつもニッコリしていただけるよう、あなたの健康と美容をしっかりサポートさせていただきます!

6月はお肌がブスになる季節。。。
湿気と暑さが不快な「梅雨」の季節がきましたね🐌🐌
湿度が高いため、メイク崩れや肌荒れなどの悩みが増える季節でもあり、🙄
肌にとってさまざまな悪条件が重なる梅雨時期☔
肌バランスを崩さないためにもポイントとなるスキンケアを知って、美をキープしましょう!!

梅雨の季節の肌荒れ環境

«肌湿度»
梅雨の特徴といえば、ジメジメとした高湿度ですよね
肌の理想湿度は約60%~65%前後です
それに対して梅雨の次期は約80%と高くなりすぎてしまい、
雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
肌の赤みやかゆみ、ニキビなどができやすい肌環境のため、
いつも以上に『クレンジングと洗顔』をしっかり行うことがポイントです。

«エアコン»
ジメジメした状態を緩和させようと
エアコンなどで快適な空間にしてしまいますよね
寒さを感じるほどの冷たい部屋にすると身体が冷えて血行不良になり、
ターンオーバーも遅れがちになります。
さらに肌の弾力、くすみも目立つようになります
室内の温度設定にも気を付けながら、肌が水分不足にならないようなスキンケアを心掛けましょう。

スキンケア

ここからは梅雨の次期のスキンケアを紹介していきますね!!
~クレンジング~
クレンジング剤には、メイクの油分を落とす合成界面活性剤が配合されています。
配合量が多いほど洗浄力は高いのですが、
お肌に大きな負担をかけるため毎日使いのクレンジング剤としては向いてないです。
手早くメイクを落とせるオイルタイプや、手軽なシートタイプは
合成界面活性剤が多量に配合されています。
逆に配合量が少ないのは、クリームタイプやミルクタイプです。
乾燥肌でも安心して使えるのでおすすめです。
~洗顔~
洗顔料は、合成界面活性剤が配合されていないものを選びましょう。
その点で天然成分由来の固形の石けんはお肌を優しく洗い上げ、どのような肌質でも安心して使えるのでおすすめです。
クレンジング、洗顔いずれも、ゴシゴシこすり洗いをするのはNGです。
摩擦によってお肌を傷つけてしまいます。
洗顔料はたっぷりと泡立てて、泡に汚れを吸着させるようなイメージで優しく洗います。
クレンジング、洗顔時の洗い流す際の水温は、30〜35度のぬるま湯がよいでしょう。
適度な皮脂を残しながら洗い流してくれます。

6月におブス肌にならないようにぜひ実践してみてください!

LINEで友だち追加LINEで友だち追加

人気の記事

カテゴリー

最新の記事

スタッフ別記事

  • 矢頭 拓郎

  • 泉 暢祐

  • 山田 彩寧

  • 矢頭 やよい

  • 松久 久美子

  • 奥平 成美

  • 金子裕哉

  • 愛知未景

  • 廣瀬茉由

アーカイブ

WEB予約

LINE予約

電話予約