コラム

自律神経が整う入浴法

矢頭 拓郎

たくろう鍼灸院 院長

  • Instagram
  • Instagram
  • YouTube

たくろう鍼灸院 院長の矢頭拓郎です。 鍼でスッキリ・お灸でホッコリ・いつもニッコリしていただけるよう、あなたの健康と美容をしっかりサポートさせていただきます!

~39~40度のお風呂に15分間がベスト~

自律神経を整えるには夜の過ごし方にポイントがあります。

そのなかでも重要な入浴についてお話ししたいと思います。

 

理想的な入浴の基本は15分間、39~40度の温めのお湯にゆっくり浸かること。

さらに15分のうち、初めの5分間は首まで、後の10分間はみぞおちのあたりまで浸かることが、自律神経にとって最も有効な入浴法です。

 

血行促進に最適な38.5~39度の深部体温に上げらるため、副交感神経の働きが高まり、ぐっすりと眠れるようになるのです。

 

逆に体に悪影響を与えてしまうのが42度以上ンお熱いお風呂に入ること。熱いお湯は交感神経を急激に高め、血管を収縮させてしまいます。血圧が急上昇し、脳卒中や心筋梗塞など命に係わる病気を引き起こす恐れがあります。心身を興奮させるスイッチが入り、睡眠の質も低下させてしまうのです。また、たとえ適温のお湯であっても、あまり長風呂をすると脱水症状に陥ってしまうため、やはり注意が必要です。

入浴をシャワーだけで済ませる人も多いと思いますが、シャワーの入浴は体の深部体温を下げ、副交感神経の働きを低下させてしまうので夜はおすすめできません。夏であっても39~40度のお風呂にゆったりと浸かりましょう。

入浴後はコップ1杯の水を飲んでくださいね!

 

LINEで友だち追加LINEで友だち追加

人気の記事

カテゴリー

最新の記事

スタッフ別記事

  • 矢頭 拓郎

  • 泉 暢祐

  • 山田 彩寧

  • 矢頭 やよい

  • 松久 久美子

  • 奥平 成美

  • 金子裕哉

  • 愛知未景

  • 廣瀬茉由

アーカイブ

WEB予約

LINE予約

電話予約