コラム

目の下のたるみの解消します!

泉 暢祐

たくろう鍼灸院 鍼灸師

  • Instagram
  • Instagram

心と体を癒やす鍼灸施術でお客様の健康、美容、幸せを全力でサポートさせていただきます。

こんにちは。

鍼灸師の泉暢祐です。

当院に通院しているお客様でも眼精疲労や目の下のシワやクマやたるみなど、お悩みをもった方が多くいます。今はマスクを常にしているため、目元で人とコミュニケーションを図り一番見られるポイントであるため、気になる方も多いと思います。

そこで今回は、目の下のたるみについて紹介します。

まず目の下のたるみの原因は2つあります。

1. 加齢による筋力低下
目の周りには眼輪筋という筋肉があります。その眼輪筋の筋力が加齢により衰えると、眼窩脂肪やまぶた、目の下の皮膚を支えることができなくなり、目の下のたるみにつながります。
目元の肌のハリや弾力不足もたるみの原因です。加齢によって皮膚内にあるコラーゲンやヒアルロン酸が減少すれば、肌のハリ・弾力が失われたるみが発生します。

2.眼精疲労
パソコンやスマートフォンを使わない日はないですよね。仕事でもプライベートでも1日中使っている方も多いと思います。パソコンやスマートフォンを長時間使用し目を酷使することはたるみの発生につながります。目に疲れがたまると眼輪筋が硬くなり、同時に血流も悪くなり代謝が悪くなり、たるみが悪化します。

目の下のたるみの改善方法を2つご紹介します。

1. 目の周りの筋肉を鍛える
目の下のたるみには目の周りの筋肉を鍛えることが最善です。しかし、セルフケアとしてマッサージなども良いですが、過度にマッサージの際に力を入れすぎてしまい、ただの摩擦のみになり逆効果になる可能性もあります。
そこで当院では眼精疲労に特化したメニューがございます。
その名も【目り鍼】です。
この、目り鍼は目の周りに鍼と電気を流し同時に目を温めます。目の周りを鍛え目元を温めることで血行が良くなり、たるみの改善につながります。

2. しっかりとスキンケアを行う。
保湿を丁寧に行い、肌の調子を整えましょう。皮膚の薄い目元の肌には、保湿力の高い化粧品や美容液を使いましょう。目の下のたるみに効果があるビタミンCや、保湿力の高いセラミド成分が配合されている化粧品を使いしっかりと保湿をしましょう。

今回ご紹介したもの以外にも、改善策は沢山ございます。まずは、日々の生活習慣を見直すだけでも身体は変わってきます。就寝前のスマートフォンの使用、睡眠不足など日常生活でも改善できることは沢山あります。しかし、目の下のたるみも生活習慣を変えるだけで解消されるわけではありません。目の下のたるみに気づいたら早めの対策をしましょう。早く目立たせなくするためにも鍼灸治療がオススメです。
当院ではお客に合わせた治療を行っております。お客様の体調や症状によっても大きくことなるため、まずはたくろう鍼灸院にご相談ください。

LINEで友だち追加LINEで友だち追加

人気の記事

カテゴリー

最新の記事

スタッフ別記事

  • 矢頭 拓郎

  • 泉 暢祐

  • 山田 彩寧

  • 矢頭 やよい

  • 松久 久美子

  • 奥平 成美

  • 金子裕哉

  • 愛知未景

  • 廣瀬茉由

アーカイブ

WEB予約

LINE予約

電話予約