コラム

自律神経が整う入浴法

山田 彩寧

たくろう鍼灸院 鍼灸師

  • Instagram
  • Instagram

みなさまに笑顔と安心をお届けします!どんなことでもお気軽にご相談ください。

こんにちは!
鍼灸師の山田彩寧です。
最近、気温が一気に下がってきましたね。
気温の差で体調がすぐれない方もいらっしゃると思います。
寒くなってくるとお風呂で湯舟に浸かる方もいますよね!
なので、今回は自律神経を整える正しい入浴法を記入していきますね^o^

正しい入浴方法

・理想的な入浴の基本は15分間
39~40度のお湯にゆっくり浸かる

血行促進に最適な38.5~39度の深部体温に上げられるため、
副交感神経の働きが高まり、ぐっすりと眠れるようになります。

基本の15分間入浴

・最初の5分間は首まで浸かる
・後の10分はみぞおちのあたりまで浸かる
・15分以上の入浴は脱水症状を引き起こすので控えましょう

良くない入浴方法

42度以上熱いお風呂に入ること
熱いお湯は交感神経を急激に高め、血管を収縮させてしまいます。
血圧が上昇し脳卒中や心筋梗塞など命に関わる病気を引き起こすおそれがあります。
心身を興奮させるスイッチが入り、睡眠の質も低下させてしまいます。

また、入浴をシャワーだけで済ませる人も少なくないでしょう。
シャワー入浴は体の深部体温を下げ、
副交感神経の働きを低下させてしまうので夜はおすすめできません。
夏であっても39~40度お風呂に15分間ゆったりと浸かりましょう!!

参考文献
小林弘幸(2014)『図解 眠れなくなるほどおもしろい 自律神経の話』日本文芸社

LINEで友だち追加LINEで友だち追加

人気の記事

カテゴリー

最新の記事

スタッフ別記事

  • 矢頭 拓郎

  • 泉 暢祐

  • 山田 彩寧

  • 矢頭 やよい

  • 松久 久美子

  • 奥平 成美

  • 金子裕哉

  • 愛知未景

  • 廣瀬茉由

アーカイブ

WEB予約

LINE予約

電話予約