コラム

ホットコーヒーは身体によい☕

山田 彩寧

たくろう鍼灸院 鍼灸師

  • Instagram
  • Instagram

みなさまに笑顔と安心をお届けします!どんなことでもお気軽にご相談ください。

こんにちは。
鍼灸師の山田彩寧です。
最近は気温の差が激しいですね、、
体調を崩している方も多いとおもいます。
気温も下がりアイスコーヒーからホットコーヒーに飲み物を変えている方もいると思います。
その行動すばらしいです!!
今回はホットコーヒーの効果を紹介し、気を付けていただきたいこともお伝えしていきますね!!

ストレス解消・血流アップ

朝の目覚めに温かいコーヒーを飲むと、コーヒーに含まれるカフェインが交感神経活性化し、
眠気を覚まし気分をスッキリさせてくれます。
交感神経の高まりにより気分が高揚するため、ストレス解消にも効果的です。
コーヒーというとカフェインのイメージが強いですよね!
実はカフェイン以外の効果もあります!
抹消血管を拡張させる作用や抗酸化作用といった血流アップ効果のほか、
大腸のぜん動運動を誘発するので便秘解消、腸内環境の改善にも効果を発揮します。
また、主に腸壁で作られるセロトニンまたはドーパミンといった幸せ物質の分泌量を増やす効果があします。

~カフェインの良い点~

・交感神経の働きを活性化し眠気をとる
・ストレスを解消してくれる
・落ち込んだ気持ちをリラックスさせてくれる
・セロトニンやドーパミンの分泌量を増やす「抗うつ効果」がある
・抹消血管を拡張させる作用がある

~その他~

クロロゲン酸
・抗酸化作用があり血流をよくする

大腸のぜん動運動も刺激する
・便秘を解消し、腸内環境や全身の血液量の改善に役経つ

コーヒーの香り
・リラックる効果

1日どれくらい飲む?

コーヒーは飲めば飲むほど良いというわけではありません。
カフェインの取りすぎは自律神経のバランスを乱す危険性もあります、、
適量は1日2~4杯です!!
アイスコーヒーではなく腸を温めるホットコーヒーがオススメです。
また、寝る前の3時間は避け、なるべく日中に飲むようにしましょう^_^

参考文献
小林弘幸(2014)『図解 眠れなくなるほどおもしろい 自律神経の話』日本文芸社

LINEで友だち追加LINEで友だち追加

人気の記事

カテゴリー

最新の記事

スタッフ別記事

  • 矢頭 拓郎

  • 泉 暢祐

  • 山田 彩寧

  • 矢頭 やよい

  • 松久 久美子

  • 奥平 成美

  • 金子裕哉

  • 愛知未景

  • 廣瀬茉由

アーカイブ

WEB予約

LINE予約

電話予約